2017年08月 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.03 (Tue)

カテゴリ『暗闇系』について

「暗闇系」というのは中二病の一種……ではなく、
「暗闇を手探りで歩く系の地下霊場や修行場」をまとめておく場所。
戒壇とか胎内めぐりと呼ばれ、有名どころは善光寺とか清水寺。
「戒壇めぐり」「胎内めぐり」「地獄めぐり」「暗闇」などの検索ワードで探します。
擬死と蘇生を儀式的に行う精神修養の場所だったり、願い事を叶えてもらう場所だったりするようですが、とりあえずここではお寺以外の暗闇スポットとか洞窟なんかも入れておきます。切り閉じの間とか。
需要なんて気にしない、暗闇スポット好きのためのメモです。

行ったところ
・京都府 音羽山清水寺随求堂
・岐阜県 養老天命反転地の「地霊」「切り閉じの間」

まだ行ってないところ
・長野県長野市 善光寺(本家)
・長野県飯田市 元善光寺
・山梨県 甲斐善光寺
・愛媛県 祖父江善光寺(善光寺東海別院)
・愛媛県 石手寺(胎内めぐりはあるが、完全な暗闇ではない?)
・奈良県 信貴山朝護孫子寺(寺自体がかなり広い)
・京都府 得淨明院(戒壇公開時期は限られている)
・大阪府 磐船神社(岩窟めぐり、暗闇ではないが擬死蘇生の修行場)
・東京都 威光寺弁天洞窟(よみうりランド駅付近)
・東京都 穴澤天神社(威光寺すぐそば、昔は弁天洞窟とつながっていたらしい)
・東京都 善光寺東京別院(表参道。戒壇めぐりができる時期は限られている? 要予約とか)
・東京都 玉川大師玉真院(二子玉川駅付近。地下遍照金剛殿、結構すごいらしい)
・香川県 善通寺(四国の75番札所、弘法大師ゆかりの地)
・高知県土佐市 医王山清滝寺
・滋賀県 木之本地蔵院
・広島県宮島 大聖院(公式サイトでバーチャル戒壇めぐりがある)
・広島県 厳島神社(奥の名草巨石群に石造りの胎内くぐりがあるらしい)
・鳥取県 摩尼寺
・岐阜県関市 宗休寺(関善光寺)
・岐阜県揖斐郡 谷汲山華厳寺
・福岡県博多市 東長寺

要調査
・富士山 御胎内清宏園 天然記念物溶岩隧道御胎内
・風穴
・東伊豆 済廣寺(稲取駅付近)
・桂昌寺跡地獄極楽
・犬鳴山(いろいろな意味で行き難い所っぽい)
・石川 倶利迦羅不動尊西之坊鳳凰殿
・鎌倉 長谷寺 弁天窟(ろうそくの明かりがあるので暗闇ではない。行ったかも)
・群馬県? 洞窟観音(珍寺大道場のサイトに載ってるらしい)

昔のメモから出てきた、参考書籍らしい
・闇を歩く さるすべり 中野純 著 アスペクト刊
・闇を歩く(文庫版) 中野純 著 光文社 知恵の森文庫

これで「今度○○県に旅に行くんだけど近くに暗闇あるかな?」って場合もばっちりだ!
スポンサーサイト
02:20  |  暗闇系  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.29 (Thu)

クエン酸リンスの適正分量

ろうそくバスタイムに慣れすぎて、蛍光灯のあかりでお風呂に入ると落ち着かないところまで来てしまったスイです。
アトピーからのシャンプー難民の約束の地、石鹸洗髪にたどり着いてから、「賞味期限切れの酢」×3→「一番安い500mlの酢」をリンスにして、調子よく暮らしてきたけれども、ここでひとつの壁が。

「旅先の宿や温泉には普通、合成シャンプーしかない」
 ↓
「マルセイユ石鹸とリンスをを持ち込む必要が発生」
 ↓
「まさか酢とか重いしかさばるし持ち歩きたくない」
 ↓
「じゃあ粉末クエン酸を1回分ずつ分包するしか……」
 ↓
「1回の使用量ってどれぐらいなの?」
 ↓
 おしえてggr先生。←いまここ

検索結果の諸説紛々の状態から平均値または根拠のある数値を算出。
『水500mlに60g派→そのリンス液30mlを洗面器1杯にとかす』が多い感じ。
まあうちめんどくさいからグリセリンもアロマオイルも無視しちゃってるからなあ……

洗面器1杯、2.5リットルの水に対してクエン酸約3~6グラム?
(お酢は洗面器1杯に対しておちょこ1杯(30ml)程度らしい)
(……せいぜい300ml程度の水におちょこ1杯ぐらい入れていた気が……いやそんなには入れてないと思うけど……量ってないからわからない)

従来のスタンダードレシピは3g/2.5リットル、
石鹸の質や髪の量によって3gから0.5gの範囲で好みで選ぶのがよいのか、ふむ。
で、小さじ半分=1.6g、小さじ1杯=約3g(が通説だがお掃除用のとかは袋に書いてあるらしい)ということは、日本薬局方のだし、小さじ半分づつで分包するのが使いやすそう。

クエン酸は無臭なので水をハーブティーに変えるのもいい、とな。
色々夢がひろがりんぐ。

オチ:分包するための薬包紙がないのでリードクッキングシートの上からラップでも大丈夫だろうか……
   そしてシャワーしかないようなバックパッカーの安宿に、洗面器の存在が期待できるのだろうか……
00:59  |  ネタメモ・覚え書き  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.29 (Wed)

さとりあれ

仏教徒になったわけでもないはずなのに、仏教思想に興味を持ってのめりこみはじめたスイです。
武井宏之の漫画が好きなのでもともと思想的に素養はあったんだと思いますが、いろいろなめぐりあわせによって、般若心経を覚えました。
実家が、般若心経がタブーな宗派じゃなくてよかったです。
(浄土真宗と日蓮宗は般若心経を読まないらしい、ということをつい最近知った)

昨年春、念願の養老天命反転地に行ったときに、途中で「佐吉大仏」に立ち寄りました。縁起やら永田佐吉(建立者)の人柄については検索すればすぐ出てくるので割愛しますが、永田さんは人徳のある親孝行者だったようです。
その時にお寺の方(永田佐吉の末裔というおじ様)のご好意で、般若心経CDを流して読経しつつ大きい木魚を叩かせていただきました。

が。

ちゃんとふりがなまで振られたプリント(訳も載ってる)を見ながらだったのに、般若心経、意外に難しい。特殊な読み方にもたついている間にタイミングがずれる、CDについていけない……
「まあ普段触れる機会もないものだし」とスルーする人も多そうな気はしますがそのときの私はなぜか「よし勉強しよう。意味も含めてちゃんと読み込もう」の方向にシフトしました。
いただいたプリントに載っていた現代語訳が心にすっと入ったからかもしれません。

「お経は『唱える』ものではなく『読む』ものなので、覚えていても、読経の時には経本を持ちましょう」といわれるものらしいですが、覚えないとすらすら読めないので結局覚えたわけです。
(また災害とか停電起こっても、暗闇の中でお経よめばちょっとは心安らぐかなと思って! というのもある)

そうこうして調べたりしていくあいだに、いつの間にか仏教について勉強するのが楽しくなってきたりして(そもそもオタクというのは「社会的に役に立つかどうかわからないけど自分が好きだと思ったもの」を追求し、知識を集めるのが大好きな生物なのです)、しかし調べるうちに、「念珠を左手にかける理由」ひとつとってもいろいろな説がありすぎて何がなにやら、となっていったりして……

調べれば調べるほどわからないことが湧いてくる謎ループ。
仏教とひとくくりに言っても宗派ごとに全然違うと言ってもいいほど違う。カトリックとプロテスタントとピューリタンほどに違う。
奥が深いというか、分岐しすぎというか……でもキリスト教もいろいろ違うし、イスラームも派ごとにかなり違うらしいし、どこもそんなもんなのかなー。


追記は調べたことのメモです。
『数珠を首にかける』『左手で持つ理由』『仏教と神々』について。

タグ : さとり

01:05  |  ネタメモ・覚え書き  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.27 (Mon)

空目アワー2

最近の駄目空目。

ケシゴムハンコ→ケミカルバッツ
全部カタカナかつ手書き文字だったせいもあるとは思いますよ。
しかしケミカルなバッツってどういう意味……薬士ってこと……?

苦情→菩薩
真逆の意味に。

とらいあんぐるハート→とらいあんぐるニート
……リリカルさが完全消失。

空目の原因は眼鏡かけても0.1だったらしい視力のせい、らしいよ。
もうすぐ新調するので空目は減ると思う、たぶん。
01:43  |  つれづれ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.21 (Sat)

レシピ:梅醤番茶

今日は二十四節季のうち、一年で最も寒いという「大寒」なんだそうで。
そりゃ雪も降るわ。
逆に言えば大寒付近にしか雪降らないってのも温暖化してるのかもしれませんが。

さておき、そんな寒い冬に体を温めるべく最近ハマっているのが「梅醤番茶」。
(エアコンとかストーブ使っても暖かくはなるけど、電気代の連続値上げもあって財布が寒くなるし、脱原発志向者としてはもにょもにょ、なので)

梅干し1個(塩だけで漬けた昔ながらの梅干し。甘いので試したことはない)を適当に刻んだものと、乾燥生姜チップ(生姜を厚さ1ミリぐらいに輪切りスライスして乾燥させたもの)4枚程度と、醤油少量、をマグカップに入れておき、別のポットで淹れたほうじ茶を注ぐ。

けっこう効く感じです。
塩分取りすぎにならないように気をつけないといけないけど。
23:34  |  れしぴ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。