2017年06月 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.21 (Sat)

レシピ:梅醤番茶

今日は二十四節季のうち、一年で最も寒いという「大寒」なんだそうで。
そりゃ雪も降るわ。
逆に言えば大寒付近にしか雪降らないってのも温暖化してるのかもしれませんが。

さておき、そんな寒い冬に体を温めるべく最近ハマっているのが「梅醤番茶」。
(エアコンとかストーブ使っても暖かくはなるけど、電気代の連続値上げもあって財布が寒くなるし、脱原発志向者としてはもにょもにょ、なので)

梅干し1個(塩だけで漬けた昔ながらの梅干し。甘いので試したことはない)を適当に刻んだものと、乾燥生姜チップ(生姜を厚さ1ミリぐらいに輪切りスライスして乾燥させたもの)4枚程度と、醤油少量、をマグカップに入れておき、別のポットで淹れたほうじ茶を注ぐ。

けっこう効く感じです。
塩分取りすぎにならないように気をつけないといけないけど。
スポンサーサイト
23:34  |  れしぴ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.09.22 (Thu)

実録レシピ:ミルククッキー

『ビストロスイレン』これまでのあらすじ

台所周りの掃除をしているうちに、ずっと使い方がわからないのと面倒なので放置していたオーブンの存在を気にかけるようになったスイ。折しも冷蔵庫の中には全粒中力粉と普通の薄力粉が、冷凍庫の中にはベーキングパウダーが、本棚にはお菓子の本があるのを発見する。
「神は言っている! ここでお菓子を作ってみる運命であると!」
「オーブンの封印を解くノデス……」
まあそんなわけで簡単そうなやつを作ってみることにしたのであった。


卵を使わないナッツ入りクッキー

(本に載ってる)材料
薄力粉 70g
ベーキングパウダー 小さじ4分の1
グラニュー糖 25g
無塩バター 25g
牛乳 小さじ2
くるみ 1個分
抜き型用の強力粉 少し

1.「バターは室温に戻して柔らかく」
 バターをボウルに入れて室温に戻しつつ粉類を計量して合わせてふるう。無塩バター買いに行くのもめんどくさいし、普通のバターでも大丈夫だ問題ない。薄力粉の賞味期限が年単位で過ぎてるけどたぶん大丈夫だ問題ない。
「くるみは細かく刻む」
 っていうけど、買いに行くのめんどくさいし、消費したいひまわりの種があるのでそれで代用しよう。とりあえず刻む。
「オーブンを温めはじめる」
 ……え、今から温めはじめて大丈夫なの? 結構タネ寝かす時間があるよね?(→のちにこれが誤算と知る)

2.「バターを泡だて器で白っぽくクリーム状になるまで混ぜる」
 ……バター少なすぎて泡立て器の中の空間に収まってしまって混ざらないんですが……仕方ないのでゴムベラを併用しつつも、固めのペースト状になりはじめたところで次へ進む。
3.「グラニュー糖を加えてよくすり混ぜる」
 ……25g計るのめんどいのう……ハッそういえばヨーグルトの付属砂糖が1袋8gじゃないか。3袋でだいたいオッケーじゃね? ……ということでブルガリアヨーグルトについていた砂糖を投入してゴムベラで混ぜる。
4.「グラニュー糖がざらついているうちに牛乳を1杯ずつ加えてまぜる」
 ざらついているうちにって、これ、時間かけて混ぜてもバターとの量的にきちんと溶ける気がしないんですが。さっさと牛乳を投入して泡立て器で混ぜると、いい感じにクリーム状になってたので、くるみを投入して次へ。
5.「粉をふるいながら加え、ゴムベラで混ぜる」
 えっ粉ふるい洗っちゃったよ。何回かに分けて入れればいいよねもう。混ぜたら四角くまとめて、ラップ2枚にはさんで冷蔵庫で15分ねかす。

 ……ふう。さて、15分キッチンタイマーをかけてから、対流モードでオーブンの予熱をはじめました。切る作業する時間も含めて25分もあれば予熱は終わると思っていたのです……
 この間に洗いものを片付けます。

6.「ラップを広げて生地をはさんだまま上から麺棒をころがして2mm厚にのばす」
 もしかして:麺棒無い ラップの芯も無い(仕方ないのでウーロン茶の缶でのばす。ラップの上からのばせることが救いだった)
7.「抜き形で抜く」
 抜き形無いのは予定の範囲内だったので、包丁で四角く切ってオーブンシートをひいた天板に並べる。抜き形はきれいにできるけど、残った生地をまた丸めてのばしてぬいて……っていうのを何度かやらないといけないのが面倒臭くてどうも。自宅用だもん、余分の出ない包丁カットでいいじゃんね。
8.「170℃のオーブンで10分焼く」
 もしかして:予熱終わってない
 さらに、『壁面コンセントから直で電力取れ』って厳しく書いてあるのにうっかり延長コードから取ってることに気付いたけど、……まあ死にはしないよね。次からは気をつけよう。
 のんびり予熱終わるのを待って(結局45分ぐらいかかったのかな)10分焼くと問題なさそうに焼けていたので取り出して冷ましつつ試食。うむうまい。

結論:混ぜるのだけめんどくさいけど、わりとクッキー作り簡単なんじゃね?


ちなみに参考書はこれ。手順が少なくて「できそうかも」って気持ちになるのがいいです。
物事、始めることに80%のエネルギーが必要で始めてしまえばどうにかなるっていうしね。

基本のお菓子 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)基本のお菓子 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)
(2005/11)
不明

商品詳細を見る
04:09  |  れしぴ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.09.20 (Tue)

レシピ:エビチャーハン

『スイレン将軍のさっと1品』これまでのあらすじ

「エビ」「チャーハン」そして駄目押しに「まつげ」。
それはまさに同類を判定する符丁のような言葉。
というわけでtwitterのタイバニクラスタが毎日のようにエビエビ言うので作ってみた。
使ってるエビがブラックタイガーじゃないのは下ごしらえの楽さを優先した結果。


えびチャーハン

材料(2人分)
玉ねぎ 1個
わけぎ系のなにか 適量
卵 2個
小えび(生) 1パック(多少量が違っても問題ない)
ごはん 茶碗2杯以下
鶏ガラスープ顆粒 適当に
塩・醤油・ごま油 適量

作り方
1.ボウルに卵を溶いてごはんを投入、先に卵とごはんを混ぜておく
2.玉ねぎとわけぎは7mmぐらいに切って、ごま油を入れたフライパンで炒める
3.玉ねぎがうっすら茶色くなってきたら卵ごはんとガラスープ顆粒を投入して木ベラで炒める
4.卵が半分ぐらいかたまってきたらエビを投入、さらに炒める。このあたりで塩コショウ調味
 エビに火が通ったらできあがり(生食用なので火が通らなくてもまあ、いける、か?)

エビは先にゆでたりして下処理したほうがいいのだろうか……
好みで豆板醤を入れたり、炒り卵を別に作っておいて具に加えたりするとまた違うのかも。
「牛角キムチ」と「えびチャーハン」と「ペプシNEX」、食後はロシアンティーで君もオタ充な食卓。
……私はペプシ飲めないのでやりませんが、これでオタ友が遊びに来ても食事にまでネタを仕込めるというわけです。
21:30  |  れしぴ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.09.20 (Tue)

レシピ:レタスのスープ

レタスが大量にあった時に毎日作ってたスープ、を、忘れないようにメモる。


レタスと豚肉のねぎ塩スープ

材料(たぶん4食分ぐらい)
レタス 1人前1枚程度
豚こま 1パック(量は適当に)
長ねぎ 1本
ガラスープ顆粒・水・塩 勘で適当に
黒胡椒 好みで

作り方
1.鍋に水を入れて湯を沸かしつつ、葱の青い部分を細く輪切りにする。
2.湯が沸いたら葱と豚こまを投入してゆでる。
3.ガラスープと塩を投入して味をととのえる。黒胡椒を入れてもよい。
4.器に千切ったレタスを入れておき、食べる直前に上から熱いスープをかけて半加熱。

私の料理メモ、「適当に」「勘で」「好みで」ばっかだな……(笑)
21:01  |  れしぴ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.09.20 (Tue)

レシピ:鶏とネギの和風パスタ

秋葉原の某カフェで食べたパスタが家でも作れそうだったから試してみたら某カフェよりおいしくできてしまって複雑な気分。というか……某カフェのやつ……鶏肉がムネ肉で加熱しすぎでちょっと硬かったんだ……


鳥と葱の和風パスタ

材料(2人分)
・とりのにく(モモでもムネでも可)
  ……1枚分ぐらい? まあ胃袋や財布と相談して適当に
・ネギ的なもの(長葱でも小葱でもわけぎでも)
  ……胃袋とか冷蔵庫とか鮮度と相談してバランス見つつ適当に
・パスタ(太さはお好みで適当に)
  ……胃袋と相談して適当に1人75gぐらい?
・にんにく(国産の、粒が大きい品種のもの)
  ……お好みで1片~4片ほど
・ごま油と醤油と酒
  ……適当に

1. フライパンにごま油を熱して、適当に切ったネギ的なものとみじん切りにしたにんにくを炒めて香りを出す。並行して大鍋に湯を沸かす。
2. ネギが少ししんなりしたら一口大に切った鶏肉と醤油と酒を投入。鶏肉に火が通るまで炒める。
3. 大鍋が沸騰したらパスタを投入、再沸騰したら火を止めて余熱で茹でる伊藤家の裏技。
4. 標準ゆで時間経過したあたりでパスタを味見。火が通っていればパスタをざるにあけてフライパンに投入。
5. ちょっと加熱しながらあえる。皿に盛って完成。好みでラー油とか唐辛子とかを混入する。

むね肉でもきちんとやれば柔らかくて普通に美味しくできるようす。
19:57  |  れしぴ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。