2017年09月 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.24 (Fri)

夢日記:辻救護の上杉

本命以外の人(特に奥州の2人)は何度も夢に現れるのに、一番好きなキャラが出てきてくれないのはどうしてなんでしょうか……。
今回は長いストーリーの断片しか覚えていないものの、その一部がアレなのであった。
まぁ、変なところが印象に残るもんだしな……。



 舗装されていない土の道(幅3m前後、ゆるやかな坂道)の両脇に、鉄条網とか薔薇の茎とか、そんな感じでトゲがいっぱいあるものが張り巡らされている柵がある。
 とはいえ、封鎖されているわけではないので所々に通れる隙間がある。
 遠くを見たかったのか何がしたかったのか、その柵を越えようとしてトゲで手首付近の広範囲を怪我する『私』。
 ついさっき誰か(捏造十勇士の三好清海に似ていた)に貰って持っていた、ジェルタイプの絆創膏の巨大なやつをぐるりと傷に巻いて坂道を下っていくと、上杉謙信(BASARA)が向こうから歩いてきた。『私』の手首の傷に気付くと謙信は近づいてきて、
「そのようなそざつなてあてで、あっかしたらどうするのです。みせなさい」
 みたいなことを言って絆創膏をはがして、きちんと手当てし直してくれる。
(かすがは付近にいなかったので嫉妬ビームは発生しないが、この夢ってもしやかすが視点なんだろうか)



という。
辻斬りならぬ辻ケアル、じゃなくて辻救護。
さすがにここでゲームっぽく「たいりょくがへっていますね、これをおたべなさい」とか言っておにぎり渡してくるような謙信じゃなくてよかったです(笑)
…………ちょっと練り直せば(名前変換する方の)夢小説になりそうかもしれない内容のような気がしないでもない。
でも私は多分やらないので誰かやりませんか。(他力本願)
スポンサーサイト
04:45  |  夢日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yunshui.blog66.fc2.com/tb.php/223-373a7610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。