FC2ブログ
2018年12月 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.09.20 (Tue)

レシピ:エビチャーハン

『スイレン将軍のさっと1品』これまでのあらすじ

「エビ」「チャーハン」そして駄目押しに「まつげ」。
それはまさに同類を判定する符丁のような言葉。
というわけでtwitterのタイバニクラスタが毎日のようにエビエビ言うので作ってみた。
使ってるエビがブラックタイガーじゃないのは下ごしらえの楽さを優先した結果。


えびチャーハン

材料(2人分)
玉ねぎ 1個
わけぎ系のなにか 適量
卵 2個
小えび(生) 1パック(多少量が違っても問題ない)
ごはん 茶碗2杯以下
鶏ガラスープ顆粒 適当に
塩・醤油・ごま油 適量

作り方
1.ボウルに卵を溶いてごはんを投入、先に卵とごはんを混ぜておく
2.玉ねぎとわけぎは7mmぐらいに切って、ごま油を入れたフライパンで炒める
3.玉ねぎがうっすら茶色くなってきたら卵ごはんとガラスープ顆粒を投入して木ベラで炒める
4.卵が半分ぐらいかたまってきたらエビを投入、さらに炒める。このあたりで塩コショウ調味
 エビに火が通ったらできあがり(生食用なので火が通らなくてもまあ、いける、か?)

エビは先にゆでたりして下処理したほうがいいのだろうか……
好みで豆板醤を入れたり、炒り卵を別に作っておいて具に加えたりするとまた違うのかも。
「牛角キムチ」と「えびチャーハン」と「ペプシNEX」、食後はロシアンティーで君もオタ充な食卓。
……私はペプシ飲めないのでやりませんが、これでオタ友が遊びに来ても食事にまでネタを仕込めるというわけです。
スポンサーサイト
21:30  |  れしぴ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yunshui.blog66.fc2.com/tb.php/363-3c0b8239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。