2017年06月 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.29 (Thu)

クエン酸リンスの適正分量

ろうそくバスタイムに慣れすぎて、蛍光灯のあかりでお風呂に入ると落ち着かないところまで来てしまったスイです。
アトピーからのシャンプー難民の約束の地、石鹸洗髪にたどり着いてから、「賞味期限切れの酢」×3→「一番安い500mlの酢」をリンスにして、調子よく暮らしてきたけれども、ここでひとつの壁が。

「旅先の宿や温泉には普通、合成シャンプーしかない」
 ↓
「マルセイユ石鹸とリンスをを持ち込む必要が発生」
 ↓
「まさか酢とか重いしかさばるし持ち歩きたくない」
 ↓
「じゃあ粉末クエン酸を1回分ずつ分包するしか……」
 ↓
「1回の使用量ってどれぐらいなの?」
 ↓
 おしえてggr先生。←いまここ

検索結果の諸説紛々の状態から平均値または根拠のある数値を算出。
『水500mlに60g派→そのリンス液30mlを洗面器1杯にとかす』が多い感じ。
まあうちめんどくさいからグリセリンもアロマオイルも無視しちゃってるからなあ……

洗面器1杯、2.5リットルの水に対してクエン酸約3~6グラム?
(お酢は洗面器1杯に対しておちょこ1杯(30ml)程度らしい)
(……せいぜい300ml程度の水におちょこ1杯ぐらい入れていた気が……いやそんなには入れてないと思うけど……量ってないからわからない)

従来のスタンダードレシピは3g/2.5リットル、
石鹸の質や髪の量によって3gから0.5gの範囲で好みで選ぶのがよいのか、ふむ。
で、小さじ半分=1.6g、小さじ1杯=約3g(が通説だがお掃除用のとかは袋に書いてあるらしい)ということは、日本薬局方のだし、小さじ半分づつで分包するのが使いやすそう。

クエン酸は無臭なので水をハーブティーに変えるのもいい、とな。
色々夢がひろがりんぐ。

オチ:分包するための薬包紙がないのでリードクッキングシートの上からラップでも大丈夫だろうか……
   そしてシャワーしかないようなバックパッカーの安宿に、洗面器の存在が期待できるのだろうか……
スポンサーサイト
00:59  |  ネタメモ・覚え書き  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yunshui.blog66.fc2.com/tb.php/369-7ddf4004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。